· 

畑地かんがいを利用して計画的な営農を!

 8月下旬以降、暑くて雨が中々降らない日が続いたことから、秋作の播種・定植作業に遅れが生じ、計画的な営農に支障が出ているところもあるかと思います。

 そのような中、高鍋町の染ヶ岡地区では、畑かんを活用することで、キャベツやはくさいの定植作業が計画的に進められており、この時期は定植後にかん水を行うほ場が多く見られます。

 露地野菜は、播種・定植後時に適度な土壌水分を確保することで、安定した活着と初期生育を促進することができ、生産安定に繋がります。

 畑かんを活用して、計画的かつ自然災害に負けない営農を実践しましょう!