加工・業務用野菜のかん水

畑かん水の利用により、「適期作付」と「収量アップ」が可能になります。


ブロッコリーの活着向上

ブロッコリーにおいて、定植後にかん水したことで、活着率が95%と向上しました。



ほうれんそうの立性向上

ほうれんそうにおいて、収穫前にかん水したことで、立性が向上しました。



キャベツ・はくさいのかん水

定植直後にかん水することで、収量の向上が見られる。



茶の間断散水

連続散水と同等の防霜効果が得られる。