· 

「散水チューブ巻き取り機」を開発しました!

畑かんマイスターの考案により「散水チューブ巻き取り機」を開発しました!


 畑かん営農における散水器具の一つに「散水チューブ」があり、にんじん・ほうれんそうなどの発芽率向上や、かんしょ・キャベツなどの定植後の活着促進を目的に利用されていますが、別ほ場においてリレー散水を行う際に、散水チューブの回収作業を手動巻き取りで行うことから、多くの時間と労力を要していました。
 しかし、この「散水チューブ巻き取り機」の開発により、大幅な労力縮減が図られることから、農業経営の大規模化計画的な作付による定時・定量・定品質の出荷体制が構築され、信頼される畑作産地が形成されるものと期待されています。
 是非使用してみたいという方は、県が無料で貸し出しますので、所管の農業改良普及センター畑かん営農推進担当までご連絡をお願いします。