畑かんマイスター荒川氏の取組(大淀川左岸地区)

(畑かん営農の取組)

 

・荒川マイスターは、綾町で、水稲、露地野菜、施設キュウリを栽培。

 

・加工用露地野菜を中心に、大型スプリンクラーを用い、播種・定植時の散水による発芽促進や作付前の土壌水分調整に畑かん水を活用されています。

 

・露地野菜の生産安定を図るため、アブラナ科植物を利用した土壌消毒法である生物くん蒸(バイオフューミゲーション)を実施するなど、畑かん水を用いた新たな技術の確立にも取り組まれています。 

 

(マイスターから一言)

 畑かん水を活用して、収量の増加を目指すとともに、病害虫の防除においても水を積極的に利用していきたいです。