折田 聡さん(小林市大萩地区)

栽培品目:にんじん、ほうれんそう、キャベツ、ブロッコリー、セロリ等

1.水利用事例

・8月中旬は種のにんじんや、9月播きの加工用ほうれんそうで、播種前の散水を行う

 ことで、発芽率の向上につながっている。

 

2.畑かんを利用して良かったこと

・露地野菜全般(キャベツ、ブロッコリー、ケール、なばな、セロリ等)で、散水によ

 り品質が良くなり、収量も増加した。

・自動散水タイマーを導入することで、散水作業の省力化ができた。

 

3.今後取り組みたいこと

・水利用効果の高いさといもで、疫病の蔓延を抑えつつ何とか使える方法がないか検討

 していきたい。

               ・にんじん、キャベツでも収量・品質の向上効果が高いので引き続き活用していきたい。