永野 育男さん(高原町)

栽培品目:かんしょ、ほうれんそう、ごぼう、さといも、にんじん、茶等

 

1.水利用事例

・かんしょでは、植付け時に使用しており、計画的な植付けを行っている。

・ほうれんそうでは、追肥で畑かん水を使用しており、追肥により収穫時期が早まったり、収量が多くなったりしている。

・さといもでは、いもの肥大期に使用している。

・にんじんでは、植付け時に使用し、安定的な発芽を行っている。

 

2.畑かんを利用して良かったこと

・水を使うタイミングや効果的な水の使い方により、作物に良い影響が出ている。

 

3.今後の経営について

・水の効果的な活用により、増収・増益を目指したい。

・畑かん水を利用した高収益作物を作りたい。