畑かんマイスター中邨氏の取組(大淀川右岸地区)

(畑かん営農の取組)

 

・中邨マイスターは、宮崎市清武町で日向夏(露地・施設)、露地ピーマン、施設キュウリを栽培。

 

・日向夏については、スプリンクラーを用いて散水を行っていますが、夏期は果実肥大促進のため、冬期は果実のす上がり防止のため散水氷結法(※)による凍霜害対策に畑かん水を活用しています。

 

 

※散水氷結法

水が凍る時に少しだけ熱が発生し、この熱を潜熱といいますが、水をかけながら氷を作り続けることで、この熱によって作物は0℃前後に保たれ、凍霜被害を防ぐという方法です。夜間に気温が一定以下になると畑かん散水を行い、朝になって気温が上昇すると散水を停止させることで、果実の凍霜被害(す上がり)防止効果が確認されています

 

 

(マイスターから一言)

 動画インタビュー参照


スプリンクラーによる散水の様子 

散水後の日向夏の様子